社会不安障害

社会不安障害とは

長い間、不安や強い緊張が続き、心身にストレスがかかったことが原因で起こる不安障害が、知らない人と話をした時など、社会の場面で起きる症状を社会不安障害と言います。
不安障害は、診療に訪れる患者さまのなかで、最も多い症状と言っても過言ではありません。不安障害や社会不安障害といった症状は、投薬と、生活改善などの治療を行うことが一般的です。うつ病と併発しているケースも多く、早めに治療が必要になります。

社会不安障害の症状

人前に出たときや、他人と話をしようとしたときなどに以下の症状が現れます。

  • 過度に緊張してしまう
  • きちんと話ができない
  • 言葉が出なくなる
  • 汗が出てくる
  • 呼吸が苦しくなる
  • 動悸が激しくなる
  • 頭が真っ白になる
  • 落ち込む
  • 身体がだるくなる
  • 手足がしびれる
  • 喉がつかえて飲み込みにくくなる
  • 微熱が出る
  • 寒く感じる
  • 頭痛
  • 胸の痛み
  • 首の痛み
  • イライラ感
  • 涙もろくなる
  • 集中できない
  • 正常な判断ができない

当クリニックの社会不安障害の治療

お薬での治療と併せて、ストレスの原因を解消するための生活改善などをしていくことになります。他の精神疾患と併発することも多いため、早めに診療を受けて、しっかりと治していきましょう。

pagetop